スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がブログを立ち上げた理由

今回は私がブログを立ち上げた理由について、
気持ちも文も素のまま書かせていただきます。

■まず民主党支持の皆さんへ。

自分が信じている政党をいきなり叩かれている記事を目にしたら
腹が立つでしょう。何言ってんだコイツ?とか思うでしょう。

同感です。私もそうでしたから。
民主党は庶民の味方だと信じ、応援してましたから。

でも、ある日、民主党の党員の紹介記事を見たときに、
ちょっと気になるページを目にしたんです。↓
(画像クリックで詳細リンクへ移動します)
ポスターに売国の本性が現れる
(↑本性が現れたポスター。背景に注目。日本は右の隅に追いやられて、中央に座するのは中国と韓国。)
なんで?( ;゚д゚)ポカーン・・・

ささいなキッカケでした。でもその後、何かとても気になりました。
そこで、それからというもの、いろいろ調べました。支持団体のこと、幹部の経歴、マニフェスト等。
ほとんどが、日本に益が無い、もしくはバラマキ&実現不可なきれいごと。

特に、党の方針が支持団体と中国、韓国に益があることばかりです。
なるほどこれは恐ろしい党だと、そこで気がついたわけです。
ようは、“社会党”が名前を“民主”って人聞きの良さそうな名前に変えただけの反日主義者の集まり
だったと
(ほんの少しは親日議員もいますが)。

彼らの恐ろしさは、何度もいいますが、その狡猾さにあります。
絶対に本当の目的は言わない。

共産主義・社会主義いわゆる左翼主義者は“平等”とか“解放”とか(民主党流なら“生活が第一”とか)言うような、いかにも民衆の味方であるようなキーワードを高らかに掲げて置きながら、
いざ自分の配下に納めるや否や、自身に対する非難は一切許さない“全体主義の牙”を剥き出しにします。

中国共産党はそのように共産化を進め、共産党主導部を非難する者達は世を乱す反乱分子の汚名を被せ、
“粛清”の名の下に残虐な殺戮を繰り返してきました。
しかも、それは今なお続く、マスコミが日本には報じない、人として許し難い共産主義・社会主義の闇の部分なのです。彼らの国に言論の自由などいっさいありません。声を上げたらそれが死に直結するからです。

戦後、平和な時間を長々と享受してきた日本人は、そのような事実を現実として目の当たりにしていませんから、そのようなマルキスト、共産主義者、社会主義者達の卑劣で巧みな工作活動には非常に無防備です。

もともと国民の気質が、お人良しな上に、争いを好まない。本来なら美点であるはずの国民性が逆に災いしています。
だから、「息を吸うように嘘をつく」、「嘘も百回言えば本当になる」と言った信条を持つ韓国/朝鮮人、中国人ら“人を騙すのを屁とも思わない”民族の工作員からしたら、日本などやりたい放題の天国なワケです(外国人犯罪者にとっても天国ですね。海外に比べて刑が破格に軽い)。

そんなことから忽ち、国家の重要な部分を日本国民は知らずのうちに乗っ取られてしまいました。
反日メディアがひしめく新聞、TV、ラジオは言うに及ばず、教育機関には日教組、宗教ではS価やT一といったカルト教団が、日本を骨抜きの軟弱国家にしようと今日も励んでいます。
そして売国政党が“革命だ!”という言葉の代わりに“とにかく政権交代!”と、馬鹿のひとつ覚えで吠え続けています。


■相手を叩くならどうするのが一番効率が良いか?

話が突然変って恐縮ですが、仮に誰かと喧嘩するとしたら
弱った相手と強い状態の相手、どちらとすれば勝率が高いのか?
火をみるよりもあきらかですね。

これを国どうしに置き換えた場合も、やはり相手国が骨抜きの状態の方が圧倒的にやり易い。
ならばどうするか?

雑ですが、順番を簡単に書くと以下のような順序でするのが効率的でしょう。

①まず、“友好ムード”を高めて、相手国を安心させる。
②次に、いろいろな交流という名のもと自国のスパイを大量に移住させる。
③工作員を重要なポスト(大手マスコミ、教育、宗教、政治団体等)に次々と入りこませ、情報操作をしていく(非難を封鎖する)
④情報操作、政策操作により相手国の国民が堕落するよう差し向け、骨抜きにする。
(娯楽の推奨、ゆとり教育、上下関係を無視する風潮、保守党と国民の関係を乖離させる、エセ平和主義による軍備の否定等)。
⑤相手国の選挙権を入手する(外国人参政権!)。
⑥自国代表の議員を多数擁立させ、内政干渉が自在にできるようにする。
⑦自国の影響が、相手国よりも強くなった頃あいを見計らって相手国を乗っ取る。
⑧相手国を乗っ取った後は、残る反乱分子をすべて粛清(虐殺)する。

以上のような順番が効率的でしょう。
孫子の兵法で言う、“戦わずして勝つのが上策”と言った所でしょうか。

これは、私の妄想でしょうか?
いいえ!これは現実に今、日本で起きていることです。

今、まさに⑤番を実現させようと言うところまで来ているんです。
だから私はブログを立ち上げました。居ても立ってもいられなくなってしまいました。

他国の人間が選挙権を握るということ、それは他国に国運を操作できる権利を与えることです。
(極端な言い換えをすれば、選挙の権利者を増やせば、日本を中国の一部、韓国の一部にすると言ったことも可能になるということです)

なぜ、急な韓流ブーム、中国との友好ムードがマスコミ上で流布し始めたのか、疑問に思ってください。
そして、中国人や韓国人による犯罪が多いのに、ほとんど報道されていない事や、
韓国における反日教育や日本に対する根強い憎悪、中国の反日教育の実態、

■韓国の反日教育


■中国の反日教育


そしてチベットで起きている蹂躙には一切触れない事等にも疑問に思ってください。

■中国によるチベット弾圧


■チベットだけでは無い、中国の侵略と弾圧


それと、もっと重要なことは、中国がどんな状況で中国人がどんな人間のあつまりか?韓国がどんな状況で韓国人がどんな人間のあつまりか?
良く知ってください。ちょっと調べれば判ることです。


残念ながら知れば知るほど、お断りしたい国、出来れば国交断絶したい国、少なくとも私はそう思います。

本当に危機は迫っているんです。身近に例えて言うなら、訪問販売員の振りをした強盗が自宅のドアを『開けて下さいな』と、猫なで声で言いながらノックしているような状態なのです。


-どうか豊葦原の瑞穂の国をお守りくださる八百万の神様、
愛国ブロガーの声がすべての国民に届きますように。
私の憂いが杞憂に終わりますように-


人気ブログランキングへ
↑世に事実を知らしめる為、是非クリックをお願いします!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主党東京6区小宮山洋子に公職選挙法違反の疑いがあります

二階堂氏に垂れ込み情報あり。 民主党東京6区、小宮山洋子候補が選挙法違反した疑いがあります。 警視庁二課に通告 144 名前:匿名ネッ...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

松本真劍

Author:松本真劍
日本という国に自信を、日の丸と
君が代に誇りを持ちましょう!
事実を知り捏造された戦後史による
自虐史観という呪縛から解き放たれましょう!
私がブログを立ち上げた理由

麻生太郎を断固支持します
第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説、にリンクしています
麻生太郎の笑顔がとてつもない、にリンクしています
↑click!↑
マスコミが隠す麻生政権の実績
 
チャイナフリー
 
外国人参政権付与法案反対
 
国民が知らない反日の実態
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
応援頂ける方はクリックお願い致します!

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ        

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。