スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日教組先生から子供を守れ!

民主鳩山さんに関する、とある記事から〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「選挙のときにご支援をくださっている皆さんの温かいお気持ちに、感謝を申し上げたい。
日教組とともにこの国を担う覚悟だ

 今年1月14日、東京・一ツ橋の日本教育会館で開かれた日教組新春の集い。党代表(当時・幹事長)の
鳩山由紀夫は教員らを前に堂々と宣言した。

 元山梨県教組委員長で党参院議員会長の輿石東(こしいし・あずま)も次のように語った。

 「(日教組は)政権交代にも手を貸す。教育の政治的中立といわれても、そんなものはありえない。
政治から教育を変えていく。私も日教組とともに戦う」


 輿石の発言は、教育の政治的中立の確保を目指す教育基本法や教育公務員特例法を真っ向から否定する。 民主党の日本国教育基本法案にも反するが、党内に問題視する声はない。

 一定の集票・集金が見込める日教組を、腫(は)れ物のように扱い、利用できるところは利用する。
そんな空気が党内にある。

 原理原則主義者と知られる幹事長の岡田克也すら、代表時代に「自治労や日教組と敵対しても
物事はよくならない。一緒にこの国を変えていく」と語った。地元三重県教組が過去に機関紙で
岡田を応援した事例を思えば当然かもしれない。

以上転載〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、ここまで鳩山民主党と熱々な関係にある“日教組”とはどんな団体でしょうか?

概要と目的をまとめると以下の通りです。
国民が知らない反日の実態 - 日教組の正体〜から以下転載。


■日教組の正体 〜概要〜
 左翼・反日・自虐史観
 ゆとり教育などによって日本の教育を崩壊
 自分たちのイデオロギーに反する者は、圧力によって自殺に追い込む
 過激派・部落・北朝鮮などの反日・犯罪勢力と癒着
 民主党(過去には旧社会党)の支持母体
 反日マスコミと結託


■GHQによる日本弱体化目的の組織
長尾誠夫 高校教師・作家 WILL12月号
 大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後、GHQは日本の民主化という名目のもとに様々な政策を実施する。
 明治憲法の抹消、修身や教育勅語の廃止、東京裁判による日本罪悪史観の注入等がそれである。
 日の丸・君が代の禁止もその中に含まれていた。
 これらは、戦前の軍国主義を一掃するためというより、 愛国心やモラルを剥奪することによって
 日本人を骨抜きにし日本を弱体化させるため であった。
 
 アメリカは、日本の参戦によって欧米列強がアジアに築いた植民地や権益を奪い取られたことを
 恨み、また蔑視の対象であった東洋の小国が大国アメリカを敵に回して果敢に戦ったことを恐れ、
 日本が二度と脅威とならないよう徹底的な「精神的武装解除」をおこなったのである。
 更に、GHQは民主主義を啓蒙するために、
 社会主義者の活動を許し、教員の政治団体や組合結成を奨励した。
 
 後にGHQはこれを後悔してアカ狩りに転じるのだが、
 まだ庇護の対象であった社会主義者はGHQの後ろ盾を得て、猛烈な勢いで情宣活動を開始する。
 こうした動きの中で、日本教職員組合が結成される

 昭和27年に設けられた「教師の倫理綱領」には「 教師は科学的真理に基づいて行動する 」
 という項目があったが、この 科学的真理とはマルクス主義を表していた。
 日教組は創設当時から 天皇制、日本政府打倒 を掲げて、
 階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指していたのである。



どうでしょう?日教組先生が掲げる教育というものが、『何かおかしいぞ?』と
漠然と感じていた方でも、以上の内容を読めば合点が行く事でしょう。

しかしさらに、問題の教育内容ですが、

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

松本真劍

Author:松本真劍
日本という国に自信を、日の丸と
君が代に誇りを持ちましょう!
事実を知り捏造された戦後史による
自虐史観という呪縛から解き放たれましょう!
私がブログを立ち上げた理由

麻生太郎を断固支持します
第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説、にリンクしています
麻生太郎の笑顔がとてつもない、にリンクしています
↑click!↑
マスコミが隠す麻生政権の実績
 
チャイナフリー
 
外国人参政権付与法案反対
 
国民が知らない反日の実態
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
応援頂ける方はクリックお願い致します!

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ        

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。